豊中で腰痛のお悩みを解決して16年

まつもと整骨院 鍼灸院

 06-6336-0150

【営業時間】平日・土曜8:30~19:00
大阪府豊中市庄内東町4-12-15 Pあり

未分類

骨盤のねじれによる左股関節外側の痛み、左下腿外側の痛み、背部の痛み、歩行痛

投稿日:

患者

70代女性

主な症状

左側の骨盤がねじれ上がり、体幹もねじれ、身体が傾いて見える。歩行時は左脚に体重をかけないように歩く疼痛性跛行がみられる。かなり長期にわたり跛行が続いたためか、痛みのためかかなり強いねじれのため、レッドコードを用いて姿勢矯正を行う。身体を前に倒す際は脊柱が動くので比較的可動域はたくさんあるが、後ろへ反らす際は仙腸関節が引っかかり可動域の制限とともに疼痛も誘発される。

施術

インディバアクティブ、レッドコード矯正

施術後

骨盤の左上がりが減り姿勢が大きく改善する。前屈もやや可動域が広がる。後屈は可動域が大きく改善し痛みも伴わない状態まで改善する。

写真

<施術前>
骨盤のねじれ施術前

<施術後>
骨盤のねじれ施術後

考察

施術後、主訴であった左股関節外側の痛みは消失、左下腿外側の痛みも消失、背部の痛みかなり軽減、歩行痛も消失し大変喜んでいただけた。今回の患者さんの場合、骨盤のねじれによる各部の痛みであったため大きな改善が得られる結果となった。しかしながら、今後は長期のねじれがあったため、しばらくは身体が悪い方向へ戻る可能性があるため週に一回の施術を継続していく。

-未分類

Copyright© まつもと整骨院 鍼灸院 , 2019 AllRights Reserved.